>

みんなが利用しているSNSというもの

最低限守っておきたい人としてのマナー

SNSを利用していると誰かと一緒にいる時でも、お構いなしにコメントが寄せられてくるかもしれません。
中高生のような若い世代ではそのレスポンスの速さによって友情の重さを量るという節があるらしく、迅速に対応しないと嫌われてしまうという暗黙のルールまであると言われているようです。

それはさておき、複数の仲間たちと共に過ごしている最中にスマホばかりいじっている人がいたとしたら、周りの人はどのように感じるでしょうか?
たとえば二人で向かい合って食事やお茶を楽しんでいる時に相手がスマホばかりを気にしていたとしたらどうでしょう?
あまりいい気持ちはしないと思います。

どうしても急ぎの用事でない限りは、誰かと一緒の時にスマホに熱中するのは失礼なことなのです。
仕事や子どもに関することなど必要な場合には、きちんとその旨を伝えて了承を得るというのがマナーと言えそうです。

悪意があると思われような発言は控える

言葉にはイントネーションによって、その意味合いが180度変わってしまうという危険性が含まれています。

SNSのように文字だけで言葉を交わすときには、誤解が生じることの無いように絵文字などを駆使して自身の感情をできるだけ表現し、他人に不快な思いをさせることがないように配慮することが重要となるでしょう。

自分としてはただの現状報告のつもりであっても、心の奥に後ろめたさや後悔を抱えているような人にしてみれば非難されているように感じてしまうかもしれません。
特にネガティブな事実については投稿する前に内容をしっかりと吟味する癖をつけておくようにしてください。

自分の発言が何処に対してどのような影響を及ぼすことになるのかを計り知れないというのがSNSの怖さでもありますから、不用意な投稿が他人を傷つけ余計な揉め事へと発展しないように気をつける必要があるのです。


この記事をシェアする