>

トラブルが起きないようにするために

SNS利用時に特に気をつけたいこと

まず何よりもスマホに依存しすぎることによって、生活の中心がSNSになってしまうことのないように気をつけることが大切だと言えるでしょう。
その点にさえ気をつけていれば、SNSはとても便利なツールであると言えるのです。

トラブルに巻き込まれないようにするためには、自分の発言に責任を持つことが重要です。
その場の勢いで投稿してしまうと、思わぬ反感を買うことになって攻撃の対象とされてしまうこともあるのです。
どこで調べたのか職場や自宅が公開されてしまったり、心無い言葉を浴びせられてしまうこともあるでしょう。
慌てて消去したとしても、一旦投稿して誰かの目に触れてしまったら無かったことにはできないのです。

身内や知人にまで悪影響が及ぶことのないように、慎重に利用するようにしてください。

投稿を公開する範囲を決める

自分が投稿した内容を公開する相手を指定できる機能というものがSNSには備わっています。

この機能を利用すれば親しい友人だけにプライベートな内容を公開することも可能となるのです。
もしも無制限に誰でも見られるような状況になっていたとしたら、行動パターンや画像によって見ず知らずの人に現在地を割り出されてしまうかもしれません。
それだけならまだしも勝手な思い込みによって悪意を抱いた人から付け狙われて、傷つけられてしまうことすらあるようです。

まして子どもの写真を公開する時などは注意しましょう。
可愛い我が子をみんなに見てもらいたいと画像をアップしたくなるのは分かりますが、公開範囲は親戚や友人に留めておいた方が安全です。
ごく一般的な、たとえば営業目的の内容などは多くの人に見てもらう必要がありますが、個人的な内容は公開する範囲を決めておくことが鉄則なのです。


この記事をシェアする